MIYABI Japanese Massageはこんなところです

MIYABIについて

MIYABI Japanese Massageは、2007年3月、オーストラリア・メルボルン市内の中華街に程近いビジネスリテールセンター内にひっそりと開店しました。開店当初から予想以上の反響をいただけたのも、日本の「おもてなし」の心をモットーとしたサービスを重視してきたからに他なりません。現在は政財界のVIPのお客様から、ローカルの方、日本の駐在員の方、観光客まで、さまざまなお客様にご利用いただいています。当店にご来店される方のうち、6割から7割が常連・リピーターのお客様です。

当店はメルボルン市内と郊外に計3店舗を展開していますが、2013年にはフランチャイズ事業も開始しました。「ニーズはあるものの人手が足りない」という現状を克服し、さらなる飛躍を続けていくためにも、優秀な人材が必要不可欠です。当グループでは店舗運営スタッフ兼マッサージセラピストの総合職への応募を随時受け付けています。

日本ならではの「おもてなし」の心と技術

当店のオーナーは日本人です。開店当初、日本からプロのマッサージセラピストを数名採用しました。しかし開店まもなく、接客を通じて具体的に日本の「おもてなし」を体現できるスタッフが少ないことに気付きました。言葉の問題や文化の違いを乗り越えてお客様に満足していただくためには、マッサージの技術だけでなく、接客業としての「プロの意識」を持つことが大切です。そのためには、お客様にプロとして対応するノウハウがなければなりません。


開店から現在に至るまで、「サービス業」として日本国内のリラクゼーション店が提供する施術技術・接客レベルと同等の店を作りたいという思いを常に持ちながら、 オーストラリアで日本の「おもてなし」の心を感じていただくにはどうするべきか、日々よりよいサービスを心がけてスタッフ一同努力しています。


幸いにもさまざまな実務経験や手技療法を学んだスタッフが集まり、メニューに多様なトリートメントとして反映されています。リラクゼーションマッサージはもちろん、女性に人気のアロマセラピー、日本独自の指圧、近年注目されているタイマッサージ、当店ならではの足を使った足踏みマッサージなどの豊富なメニュー、そしてお客様のリピート率の高さを裏付ける各セラピストの技術力の高さも特徴の一つです。

私たちのモットー

お客様はマッサージだけでなく、癒しも求めてご来店されます。癒しを提供するには、お店の雰囲気、セラピストの施術技術、接客態度などすべてが必要とされます。
スタッフ全員が「よりよいものをお客様に提供して喜んでいただきたい」という強い思いを持つことで、お客様に心地良い空間を提供し、そして日本の「おもてなし」の心を感じていただけるように日々努力しています。


当店では「より質の高いサービスの提供」をモットーに、専門スタッフによる店内研修を随時行い、細かな施術内容のチェックや、お客様の月間統計データをもとにリピート率を上げていく工夫や改善を行っています。

MIYABIのお客様

ほとんどが地元オーストラリア人のお客様です。オーストラリア人と言っても、多国籍文化・移民の国オーストラリアなので、さまざまな人種の方がいらっしゃいます。当然、会話はすべて英語となりますが、日本の文化に興味を持ったお客様も多くご来店されます。